2018年08月

2018年08月08日

四国への移住者 → 昨対34%アップの4858人

昨年度(2017)の四国への移住者は4858人だったそうです。   (昨対で34%UP)

香川県 1375人、徳島県 1200人、高知県 1198人、愛媛県 1085人。なんと、4県とも1000人を上回っています。

当然、県庁所在地が一番多いと思いきや、愛媛県の場合、今治市が松山市を上回り、香川県の場合、小豆島町が高松市を上回る人数です。

「四国へのUIターン支援」に力を入れる民間の転職支援会社も増えていますし、都市圏で移住フェアを開催するなど各自治体の熱心な取り組みも功を奏したようです。

意外にも20代30代の若い世代の移住者が多いそうです。未来に向けての明るい材料ですね。

しかし、移住者を上回る人数の流出者が存在するという厳しい現実があります。

四国の人口の推移 (384万人、2015年)→ (353万人、2025年予測)

今後も若い世代の移住者が四国に定着するような施策を、より一層充実させる必要があります。

「四国へのUターン支援に特化した転職エージェント」である弊社も、その一翼を担えるように一生懸命努力していきたいと思います。

★四国へのUターン転職は、ちからネットにお任せください。




tikara2 at 20:33|PermalinkComments(0)clip!
Profile

キャリアアドバイザ...

Recent Comments