2017年04月29日

四国の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、3月の四国4県の有効求人倍率は、
前月と比べ0.01ポイント上昇し、1.42倍だったそうです。
香川県と愛媛県は上昇、徳島県は低下、高知県は横ばい、とのこ
と。

細かく言うと、香川県は前月を0.01ポイント上回り1.67倍。
ただし、新規求職者数は1.2%の減少。

愛媛県は前月を0.02ポイント上回り1.44倍。
新規求人数は建設業や製造業などで伸び、前年同月比で3カ月ぶり
に増加。ただし、新規求職者数は2カ月連続で減少。
 
徳島県は前月を0.03ポイント下回り1.33倍。
新規求人数は小売り業、サービス業、卸売業等で伸び、新規求職者
数は前年同月と比べて1.4%増と2カ月ぶりに増加。

高知県は横ばいの1.16倍。新規求職者数は4.3%減で4カ月連続の減少。

徳島県以外の3県で新規求職者数が減少したのが有効求人倍率にも影響したと言えますね。

四国へのUターン希望者は、いつの時代にも一定数いらっしゃいますが、四国から都市圏への転出希望者は景気に左右されての変動があるのも事実です。

★四国へのUターン転職は、ちからネットにお任せください!
 http://www.tikara.net/



tikara2 at 18:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

キャリアアドバイザ...

Recent Comments